千葉・津田沼・習志野地域の動物病院グループ スマイルどうぶつ病院

/common/img/h3_news.gif

【犬の症例】咳のお話2018.11.17

 「動物病院に連れて行かなくては」となるきっかけは様々あります。特に体調に何かしらの変化が見られたときが一番多いと思います。体調の変化として気が付きやすいものとしては「元気ない」、「食欲ない」、「吐いている」、「お腹壊している」、「くしゃみする」、「咳をするようになった」などがあります。
 今回は「咳」についてお話します。

 咳とは咽頭、喉頭、気管・気管支、心膜、横隔膜、胸膜、縦隔などに存在する咳受容体が機械的(痰や異物の混入、心拡大や腫瘍などにより気管・気管支が変異する、など)、細菌やウィルスなどによる感染での炎症性、刺激性ガスなどの吸入による化学的に刺激を受け、その情報が神経系を経由して延髄にある咳中枢に伝達され、そして神経系を介して声帯、横隔膜、肋間筋、腹筋が動いて起こります。

 咳の主な症状としては「こほっ、こほっ」や「がー、がー」など喉から発生する音として現れます。

 咳を起こす原因として心臓疾患(うっ血性心不全、進行した弁膜症による心拡大など)、気管・気管支疾患(気管虚脱、気管・気管支炎、気道内異物など)、咽喉頭疾患(喉頭麻痺など)、肺疾患(肺炎、フィラリア症など)があります。その他には短頭種気道症候群、アレルギーなどもあります。

 「咳」の原因を見るけるための検査の方法としては問診(どういった時にどういった咳が出るのか、原因を探る上で重要なヒントとなるのでよく観察しておくといいでしょう)、聴診(心臓の雑音の有無など)、レントゲン検査、血液検査(フィラリア抗原など)が主となります。その他には心臓超音波検査、気管支鏡検査、肺生検など特殊検査も場合によって必要になることもあります。

 治療方法としては上記に示した通り、原因が多岐に渡るため、「咳」の原因をしっかり見つけた上でその原因を治療してあげることになります。咳をはじめ、気になる症状が観察された場合には早めに動物病院にご相談ください。

咳を呈していない胸部レントゲン
咳を呈していない胸部レントゲン

 

気管虚脱(頚部)気管虚脱頚部

 

 

 

 

 

うっ血性心不全
うっ血性心不全

 

カテゴリー: 症例    犬の症例

【スマイルグループ】絶対優性の白・最強の白遺伝子2018.10.28

猫の模様を見ていると本当に千差万別です。中にはとても変わった色や模様の猫がいますよね。
猫の毛柄は、20種類以上の遺伝子が複雑に組み合わさって表れたもの。出身地や猫種ごとに遺伝子も異なり、さらに環境の影響を受けることがあるそうです。

その中でも今回は白猫がもつ「W」という遺伝子についてふれたいと思います。

この白猫が必ずもっている白い毛色をつくる「W」遺伝子はあらゆる毛色、模様の遺伝子よりも優性に働きます。
どういうことかというと…
他に黒の遺伝子をもっていようが、茶トラの遺伝子をもっていようがすべて抑えて全身真っ白にしてしまうからです。


WW 1539427547195
(白い毛色をつくる遺伝子を2つもつ場合)
×
BB
(白猫以外)


片方の親がW を2つもつ白猫の場合、その子猫(W B )は白い毛色のW 遺伝子を1つもつため皆白猫になってしまうのです!

このように他の毛色の遺伝子をもっていても全身白一色にしてしまうため、「絶対優性の白」・「最強の白遺伝子」と呼ばれるのです。


体の色が目立って天敵に襲われやすいのにもかかわらず白猫が世界各地で見られるのには、この「白い毛色をつくる」遺伝子の強さが少なからず関係があるそうです。
そのため白猫の性格は繊細で神経質と言われますが……我が家の白猫(元野良)のこの寝相を見ていると神経質とは程遠いなぁと思います(^_^;)

カテゴリー: お知らせ    スマイルグループ

【スマイルグループ】わんにゃんドックの季節です!!2018.10.20

ようやく暑さが和らぎ、秋らしい天候になってきました。
わんちゃんねこちゃんにとってもすごしやすい季節ですね。

さて、10月13日は何の日かご存知でしょうか?
そうです。『ジューイサン』のごろ合わせで、わんちゃんねこちゃんの健康診断の日ですね。

スマイルどうぶつ病院では10月から2月にかけて健康診断キャンペーンを行っています。『わんにゃんドック しっかりコース』を利用すると、健康診断がとってもおトクになります!
通年で行っている『わんにゃんドックおてがるコース』とは、以下のような違いがあります!

《しっかりコース》photo
・事前に電話でご予約
・午前中にお預かり、午後3時以降にお迎え。
・検査結果はお迎えの時に報告(例外あり)
・検査内容:
 身体検査、血液検査、
 レントゲン検査(胸部・腹部)、尿検査、糞便検査

《おてがるコース》
・予約不要
・検査は5~10分程度で終わります
・検査結果は後日 報告
・検査内容
 身体検査、血液検査

どちらのコースがいいかわからない…という方は、お電話やお散歩ついでにお気軽にご相談ください。

大人の動物の1年は人の4年程度に相当します。人と同様、定期的な健康診断は重要です。
是非、この機会に定期的な健康診断(わんにゃんドック)はいかがですか。

ちなみに私事ですが、先日、私の愛犬のチワワをわんにゃんドックに連れていきました。年齢が13歳で高齢なので心配していましたが、大きな問題はなく、いち、飼い主として安心をすることができました。 
高齢のわんちゃん、ねこちゃん、健康にはお気をつけください。

 

カテゴリー: お知らせ    スマイルグループ