千葉・津田沼・習志野地域の動物病院グループ スマイルどうぶつ病院

/common/img/h3_case.gif

ペットの尿の異常~おうちでも分かること~2022.08.01

ペットの尿を見て病気を見つけることができます。

注意が必要な症状と考えられる病気

(1)  尿の回数が多い
  1回の尿の量が少ない
  →膀胱の異常 (膀胱炎、結石、腫瘍など)

  1回の尿量が多い 通常は飲水量も増加
  →1日の量が体重1kgあたり50ml以上なら多いと判断されます。
   内分泌疾患(糖尿病、クッシング症候群、尿崩症)、腎臓病、薬の影響

(2)  尿の回数が少ない 緊急の場合が多いので特に注意
  →脱水、腎臓病、神経の異常、尿路閉塞
   尿が全くでない場合、直ちに対応が必要です。すぐに来院ください

(3)  尿の色
  薄い 透明 →尿崩症や腎臓病
  赤い    →血尿、玉ねぎ中毒など
  濃い 茶色 →黄疸、尿路感染
  乳白色   →重度の細菌感染
  キラキラ  →結晶(結石の元)

(4) 匂い
  アンモニア臭 →細菌感染
  甘酸っぱい  →糖尿病
 
(5)  おもらし
  生まれつきの奇形(異所性尿管)、神経疾患 避妊手術後

上記のような症状が認められた場合の病気の目安です。尿検査や血液検査など詳しい検査が必要になります。当院へご相談ください。

ペットの尿で病気発見

カテゴリー: 症例